綿棒を使った浣腸で便秘の改善を目指す~赤ちゃん便秘の解消法~

私たち大人が便秘になるのと、赤ちゃんが便秘になるのとでは、取れる対策方法というのが異なり、大人が手助けしなければならない時もあります。

便秘がちな赤ちゃんには、お母さんが少し手を貸してあげましょう。
ここでは、綿棒を使った浣腸で便秘を解消する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

不安かもしれないけど、小児科でも行われる安全な方法

初めて実践するお母さんは、少し不安に感じるかもしれませんね。
しかし、綿棒を使った浣腸は、小児科でも行われている安全な方法です。

きちんとした方法を身に付け、赤ちゃんの排便の手助けをしてあげて下さい。

用意するものは、綿棒とベビーオイル、もしくはワセリンです。

まず、綿棒の綿が付いている部分をほぐします。
赤ちゃんが痛がらないよう、綿棒の先はよくほぐしてあげるようにしましょう。

ベビー用の細い綿棒も市販されていますが、ここでは大人用のものを使って下さい。
ベビー用ですと、細すぎて痛みを与えてしまうことがあります。

ほぐし終わったら、そこにベビーオイル、もしくはワセリンを付け、充分に馴染ませます。
馴染んだら、これを使って赤ちゃんの肛門を優しく刺激しましょう。

程度や状況に応じて、強さなどを変えてみましょう

赤ちゃんによっては、肛門をつついてあげるだけで効果があるケースもあります。
ただ、つつくだけでは効果が出ないことの方が多いので、ゆっくりと綿棒を肛門に出し入れしてあげましょう。

綿棒での浣腸は、便秘解消方法としては効果の高い部類に入ります。
しかし、注意したいのは、これが癖になってしまう可能性があるということです。

癖になってしまうと、浣腸をしないと排便出来なくなってしまいます。
ですから、安易に行うのではなく、他の解消方法を行っても効果が出なかった時のみ行うようにしましょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク