大人とは違う?赤ちゃんや乳幼児が便秘になる原因とは?

大人の便秘の場合、なってしまう原因は、不規則な生活や偏食、そしてストレス、運動不足などが考えられます。
これは、便秘の原因でも解説しています。

では、赤ちゃんの場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。
赤ちゃんの便秘の原因は、大きく分けると3つに分類されます。

スポンサードリンク

授乳や食事が原因

まず考えられるのが、この授乳や食事に関する問題です。

いつもは規則的な生活をしている子が、いつもと違う時間帯にミルクを飲んだり、普段より多く飲んだりすると、便秘になる可能性があります。

また、離乳食が始まっている場合、母乳やミルクの量が減り、どうしても摂取する水分の量が不足しがちになることも原因の一つです。

運動不足による原因

2つ目は、運動不足の問題です。
まだハイハイできない時期のお子さんは、自分から活発に動くことが出来ません。

そのため、腸が刺激されずに排便しづらくなることがあります。

赤ちゃん自身が原因になる事も?

3つ目は、赤ちゃん自身の問題です。
固い便を出そうとして、おしりが痛くなった経験を持つお子さんは、便意を感じても自分で我慢してしまうケースがあります。

その結果、腸の中で便がどんどん固くなり、余計に出しにくくなってしまうのです。

また、これら以外にも心理的な原因も考えられます。
おむつ替えの最中など、排便されたら困るタイミングで便が出てしまった時、お母さんが怒ってしまったとします。

そうすると、赤ちゃんの頭の中には「うんちをしたら怒られる。」という記憶が刷り込まれます。
その結果、便を我慢することになり、便秘になってしまうのです。

赤ちゃんの便秘を防ぐためには、これらのことに注意し、日々見守ってあげましょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク