赤ちゃんの便秘はいつ頃からなるかを知り時期と対策を立てておきましょう。

大人であれば、便秘はいつ頃からなるかなど特に気にする必要はありません。

ですが、自分だけではなかなか対処が難しい赤ちゃんの場合、便秘がいつ位の月齢からなるのか?といった事を親として注意しなければならないため、知っておくに越した事はありません。

スポンサードリンク

産まれたばかりの赤ちゃんは心配しなくて大丈夫

生まれたばかりで母乳を飲んでいる赤ちゃんは、便秘の心配はまずありません。

これは、母乳にはオリゴ糖の成分が含まれており、腸内のバランスが常に最適に保たれているからです。

その後、母乳の出が少なくなってきたなどの理由で、ミルクを足して混合栄養にするか、もしくは完全にミルクに切り替えることがあるかと思います。

このような時に、赤ちゃんが便秘になりやすくなります。
ですから、赤ちゃんによっては、生後1ヵ月から2ヵ月位といった早い段階からでも、便が出づらくなる赤ちゃんはいます。

早すぎるから大丈夫かしら…と心配になる気持ちはわかりますが、これは何も体が異常だといった事ではありません。

最近では、粉ミルクに「フラクトオリゴ糖」を配合しているものがあります。
便秘が気になるようであれば、フラクトオリゴ糖が配合された粉ミルクをチョイスしてあげると良いですね。

気をつける時期は、離乳食のタイミング

赤ちゃんが便秘になりやすいもう1つの時期が、離乳食を始めた頃です。

赤ちゃんの便秘の原因にも記載していますが、母乳やミルクから離乳食に切り替わると、必然的に水分の摂取量が減ります。

今まで液体から栄養を摂取していたのが、固形物に代わる訳ですから、これは当然といえば当然の結果でもあります。

水分の摂取に気をかけてあげる

ですから、この時期のメニューは、水分や繊維質を多く取れるものを考えてあげると良いでしょう。

例えば、野菜のたくさん入った汁物などは、腸のバランスを保つのに最適です。
甘いジュース類をたくさん与えるのではなく、水分を上手に食事のメニューに取り込むようにしましょう。

また、食事の時間も毎日規則正しくすると、腸内のバランスが良くなります。
多少の時間のずれは仕方ないですが、バランスの良い食事を1日3食きちんと食べさせてあげることが大切ですね。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク