ホッとする飲み物の代表格のココア。
そんなココアに含まれるリグニンで便秘解消を狙いましょう

ココアに含まれている成分、リグニンという成分が、便秘解消に効果的と言われています。

このリグニンは、人間の消化酵素で分解ができないため、大腸まで届き、食物繊維の働きによって排便を促し便秘解消効果が期待できるというわけです。

スポンサードリンク

ココアに含まれるリグニンについて

リグニンは、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える事ができるポリフェノールが集まる事によって作られています。

つまり、ポリフェノールの塊と呼ぶ事もできるでしょう。
こうしたポリフェノールの効果に加えて、リグニンならではの食物繊維による便を増やす効果によって、ココアは便秘解消に効果的な飲み物と言われているのです。

ただし、解消のために飲むココアの量には注意が必要

しかし、ココアを飲む場合にはその量に注意しなければいけません。
何故ならば、数多く販売されているココア飲料や粉末のものは、本来の苦味をやわらげる為に、乳製品や糖類、ナッツなどを加えて飲みやすくしてあるからです。

乳製品や糖類、ナッツが加えられているという事は、必然的にカロリーが高くなります。
牛乳を加えて粉末タイプのものならば、さらにカロリーが高くなると言えるでしょう。

こうしたカロリーや脂分の事を配慮して、飲む必要があります。
その為、1日1杯から2杯を目安に、飲みすぎないようにしましょう。

ココアを飲むタイミングは朝?昼?夜?

ココアを飲むタイミングとしては、朝食前の空腹時と夕食後の満腹時がオススメです。

なぜなら、朝食前の空腹時に飲むと、目覚めたばかりの腸を刺激し、排便を促してくれます。
そして、夕食後の満腹時に飲むと、体脂肪を蓄積しにくくしてくれます。

ココアレシピとしては粉末で豆乳がおすすめ!

さらに便秘解消効果をアップさせたいという方は、
粉末タイプのものをお湯や牛乳を加えて作るのではなく、豆乳で作るようにしましょう。

豆乳を使用する事によって、オリゴ糖の働きでさらに便秘解消効果をアップさせる事ができます。

また、ココアの持つ香りにはアロマテラピーのような効果があると言われています。

その香りを嗅ぐだけでも、ストレスの緩和に効果的です。
ストレスが原因による便秘を引き起こす現代人にとっては、とても有効な飲み物と言えるでしょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク