使える用途は実に様々!
オリーブオイルで腸の働きを活性化させて便秘解消の効果を

イタリアでは、古くからオリーブオイルの便秘解消効果に着目していたようで、そのために、便秘の予防として子供に与えていたそうです。

また、イタリアでは便秘で悩む方が少ないと言われていて、オリーブオイルをたっぷり使用したパスタを良く食べているからと言われています。

スポンサードリンク

オリーブオイルの成分とその効果

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、小腸で吸収されにくいという特徴を持っています。
こうした特徴から、大腸に刺激を与えて便秘に対して有効であるという事が、近年の研究により発表されました。

オレイン酸が、腸の働きを活性化させるということです。

また、オリーブオイルは腸壁において潤滑油として働く事も報告されています。
オレイン酸により腸の働きが活性化されるにあたって、腸壁の摩擦を軽減する作用を持つと言われているのです。

飲むと効果的だがカロリーには注意を

古くからその効能に着目していたイタリアとは異なり、日本において便秘解消に効果的であるという事は、テレビで紹介されてから多くの人に認知される事となりました。

就寝前にスプーン1杯のオリーブオイルを摂取する事によって、重度の便秘が解消されたというものでした。
これは、オレイン酸が大腸を刺激して腸の働きを活性化させ、排便を促すというものです。

しかし、カロリーの高いオイルを就寝前に摂取すると、肥満の原因になる可能性があります。
中にはオイルをそのまま摂取するという事に対して、抵抗感を抱く方もいるはずです。

食事に混ぜて活用する事で摂取する方法も

こうした方は、オイルを使用したドレッシングを手作りするなどして、食事から摂取するように工夫しましょう。
ドレッシングだけでなく、パスタなどアイデア次第で摂取方法は色々あると言えるでしょう。

また、起床後にコップ1杯の水とスプーン1杯のオリーブオイルを摂取する事も、便秘解消に効果があると言われています。

こうして水分とオイルの両方を摂取すると、自然な排便を促されます。
就寝前の摂取に抵抗がある方も、起床後ならば摂取しやすいでしょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク