Array

人間の腸内には、「善玉菌」や「悪玉菌」を含めると約100種類、約100兆個にも及ぶ細菌が、生息しているといわれます。
ビフィズス菌は、乳酸菌類の一種で善玉菌の代表格といえます。

腸の健康は、この善玉菌と悪玉菌のバランスによって左右されます。

スポンサードリンク

乳酸菌は、古くからヨーグルトやチーズなどの乳製品、漬け物や味噌、醤油等などの発酵食品に、多く含まれ腸内環境を整えてくれるものとして、様々なものに活用され、安心して日常的に摂ってきました。

その乳酸菌の代表格であるビフィズス菌は、オリゴ糖や乳糖を分解して乳酸を作り、腸内環境を整える効果もありますが、肝臓の解毒作用を助けます。

また、ビフィズス菌と一般の乳酸菌との違いは、糖を分解して乳酸を作るのでなく、乳酸と酢酸を作るのが特徴です。
この酢酸には強い殺菌力があるため、腸内環境がよくなるのです。

ビフィズス菌の働きについて

便秘解消に効果があるといわれるビフィズス菌の働きには、以下のようになります。

  1. 悪玉菌や食事で摂り入れた有害物質を吸着して排泄します。
  2. 腸内の免疫システムを刺激して、免疫力を高めています。
  3. 有機酸が腸の蠕動運動を促し、その結果排便がスムーズになり便秘を防止します。
  4. ビタミンB1・B2・B6・B12やビタミンKを生成し貧血、肌荒れを防止し、血中コレステロールを下げる働きをします。

健康維持や美容に大きく関わっているビフィズス菌は、加齢や日常のストレスによっても減少していきます。
乳酸菌類は、ヨーグルトにして1日200~300g、できれば500gを摂るのが望ましいとされています。
これらを継続して数日間でも摂り続けることで腸内環境が改善し、便秘解消に効果があるとされています。

ビフィズス菌は、薬を飲まずに便秘解消する最善の方法といえますが、その多くは数日から数週間で、排出されてしまいますので、定期的にビフィズス菌を摂取することも必要です。

しかし、生きたままビフィズス菌を届けることが難しいので、効果的にビフィズス菌を摂取する為には、胃や小腸では消化されないオリゴ糖の補給で、腸内にいるビフィズス菌を増やし活性化させるという方法もあります。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク