色々な取り入れ方も可能な成分!
ローズマリーの便秘への効果やアロマの効能とレシピ

女性の悩みは多々ありますが、冷え性と同じ位に、女性が多く悩まされる症状の1つとしてあげられるのが便秘ですね。

放って置くと、ひどい頑固になってしまう便秘。
だからといって、お薬に頼るのは、何となく抵抗がありますね。

スポンサードリンク

最近では一週間位、排便がなくても平気という人もいるようですが、やはり腸毒が溜まり、お肌の為にはよくありません。

いずれにしても、便秘は慢性的になるとなかなか治りにくいのが現状のようです。

便秘になる原因は色々あるようなのですが、慢性便秘で悩んでいる人は、以外と多いものです。
生活改善をしながらアロママッサージを継続することで、便秘解消することができたら、気持ちもリフレッシュもできて素晴らしいと思いませんか。

ローズマリーにおける便秘の効果とは?

便秘体質を改善するハーブの一つにローズマリーがあります。
原産は、地中海沿岸でシソ科のローズマリーは抗酸化作用があり、古くから若返りのハーブとしても知られています。

その効果は、消化促進などへの効能のほか、血行を促進し、脱毛の予防等、最近は、アロマオイルとしても人気があります。

ローズマリーは、香りもよくて、肉料理などに使うと臭み消しになって、風味もバツグンになるので、よく利用されているハーブです。

ストレス性便秘に相性バッチリ

ローズマリーはストレス性の便秘に効果があり、最も便秘に効果的な方法は、アロママッサージです。
ローズマリーのハーブオイルの香りで気持ちがリラックスできる上、成分が呼吸や皮膚から体内に入り、体内環境を整えてくれるのでお奨めのハーブです。

便秘解消に効果的で、消化器系の不調に作用して腸の働きを活発にさせてくれるという、ハーブオイルのアロマテラピーを試してみませんか。

腸の動きに合わせて円を描くようにして、お腹をマッサージしていきます。
少し強めに行って、お腹や腰に刺激を与えていきましょう。

腸の動きに合わせて、お腹を時計回りにゆっくりマッサージしていきます。
少し強めに行って、お腹や腰に刺激を与えていきましょう。

使用するエッセンシャルオイルは、

  1. ローズマリー、マジョラム、ブラックペッパー各2滴(アーモンドオイル等)15ml
  2. ローズマリー、タイム各3滴(アーモンドオイル等)15ml

また消化器系の働きを良くするレモン、ペパーミントなどもオススメです。

でも、いくらオーガニックのものが良いといっても、アロマテラピーだけで便秘解消出来る訳ではないので、規則正しい生活やバランス良い食事と適度な運動は心がけましょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク