便秘はキャベツで解消させよう!
キャベツの効果やレシピと美味しい食べ方について

キャベツは食物繊維が豊富な食材です。

食物繊維は、人間に分解する事ができないため、コレステロールや老廃物を吸着したり、便の量を増やして腸を刺激したりして、便通を促してくれるので便秘解消に役立ちます。

スポンサードリンク

ビタミンUで便秘改善を促進!

キャベツが胃腸を整えるというのは、実は食物繊維だけが理由ではありません。

「キャベジン」という言葉を聞いたことはありませんか?
胃薬の商品名として有名ですが、キャベジンというのは「ビタミンU」の事です。

発見された歴史は新しく戦後の事です。このキャベジンは胃の粘膜を保護活性化する成分です。
製品の「キャベジン」はこのキャベジン(ビタミンU)がたくさん含まれている商品なのです。

胃を健全に保つことは、その後に食べ物を受け入れる腸にとっても大切な事です。
キャベツは便秘解消だけでなく胃のケアができると言う事で、胃腸系全体に不調を抱えている方に適している食材です。

キャベツダイエットはテレビで人気も注意は必要

テレビで紹介されたことで「キャベツダイエット」と言って一食をキャベツのみに置き換える健康法を実践した人も多いようです。

キャベツには食物繊維だけでなく、その他のビタミン類も多くローカロリーなうえに便通を促すので、ダイエットに適しています。
ですが、油脂や水分をきちんと摂らないと、かえって食物繊維が腸内の水分や油分を吸ってしまい便秘になりやすくなります。

特に油脂はダイエットや肌に有害だから全く摂らないと考えている人もいるようですが、油脂もきちんと摂取しないと肌もカサカサになり代謝が落ちてしまいます。

便秘解消のためには適度な水分や油脂を補うようにしましょう。

おすすめのキャベツの食べ方や管理人おすすめレシピ

ビタミンも丸ごと摂りたいのでなるべく生で食すのが理想ですが、
胃の弱い方は無理せず温野菜やスープにした方が良いでしょう。

温めても食物繊維の便秘解消効果は変わりません。

油分はサラダ油ではなくゴマ油を使うと健康的です。
油も補えて生でキャベツをたくさん食べられるレシピをご紹介します。

キャベツの千切りを軽く塩もみし、ゴマ油と醤油とお酢で整えたドレッシングで食べる。
胃腸の保護や血糖値の急上昇を防ぐために、食前に食べるとなお効果的です。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク