ゴーヤチャンプルーだけじゃない!
ゴーヤを使ったレシピで美味しく便秘解消を目指そう

ゴーヤは以前は沖縄以外ではほとんど食べられていない食材でしたが、現在では日本の夏の味覚としてすっかりおなじみになってきました。

そんなゴーヤは、苦味が苦手という人もいるかもしれませんが、実は健康促進のために優れた食材であり、便秘解消にも効果的です。

スポンサードリンク

なぜゴーヤが便秘解消にすぐれた食材なのか

ゴーヤが便秘解消に役立つのには、二つの成分が関係しています。
一つは食物繊維が豊富に含まれている事ですが、普段調理する時にはわたを取り除くので残念ながら少々減ってしまっています。

食物繊維は腸内環境を整えて、排便を促進するための重要な成分です。

モモルジシンという成分が効果的

食物繊維の他に、ゴーヤの独特の苦みを作り出す「モモルジシン」という成分も便秘解消に役立ちます。

モモルジシンには健胃作用があり、さらに腸壁を刺激しての蠕動運動を活発にします。
食物繊維とモモルジシシン二つの働きで便秘解消に役立つのです。

ゴーヤはさらにビタミンCが豊富でキサントフィルやカロテン類という抗酸化物質が豊富です。
そのため血圧や血糖、コレステロールを正常に保つ助けになりますし、夏には疲労回復と日焼けによる肌の荒れの改善も期待できます。

生活習慣病や夏場の不調に大いに役に経つ食材です。
暑くて疲労が激しいと、苦いゴーヤが食べたくなるのは理にかなった事なのです。
ゴーヤのその他の効果として、目の疲労回復等も上げらます。

ゴーヤのおすすめの食べ方とレシピ・調理について

ビタミンCは加熱により壊れやすい性質がありますが、ゴーヤのビタミンCは加熱調理しても失われにくいのが特徴です。
沖縄ではチャンプルーという炒め料理でよく利用されていますが、その際にもビタミンCの減少はあまり無いものと考えられます。

その他の利用法では、ゴーヤ茶、和え物、漬物、ジュース、乾燥させたチップ等が挙げられます。
この中で、ゴーヤの栄養を手軽に摂りやすいレシピはゴーヤジュースです。

その際には、ゴーヤのわたや種も一緒に入れて使うと、わたに含まれる食物繊維やモモルジシンや、種に含まれている血糖値を下げる成分であるポリペプタイドーPという成分を一緒に摂る事ができます。

ミキサーでゴーヤとレモン汁と適量のお水を混ぜるだけなので、とても簡単に作れます。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク