おいしく食べて便秘にも効く嬉しい食べ物!
グレープフルーツなど柑橘系果物で便秘解消を目指す方法

柑橘系のフルーツとして、非常に多くの方から好まれているのがグレープフルーツです。

今回は、このグレープフルーツで便秘の改善が行えるという情報について見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

一昔前には、グレープフルーツダイエットとして、芸能人なども実践したとしてグレープフルーツがこういうダイエットや便秘に使えるんだ!というのを記憶した方も多いかもしれません。

グレープフルーツは食物繊維が豊富!

グレープフルーツで、便秘解消ができた!という方は、自分の周りにもネット上で探してもたくさんの方が見られます。

これは、グレープフルーツの特徴として、食物繊維を豊富に含んでいるからと言えます。
そのため、便秘などで悩んだり苦しんでいる人も好んで食べている果物なんです。

食べ方に注意が必要

グレープフルーツで便秘を改善させようと思うなら、その食べ方に少し注意が必要になります。

どういう事かというと、薄皮は取ったりして食べずに捨てたりしてはいけません。
この薄皮のところにこそ、食物繊維が多く含まれているのです。

そのため、この薄皮を食べる事でより効率的に便秘への効き目をもたらすことが可能になります。

どれくらい食べればいいのか

特にどれくらいが良いというのが決まっているわけではありません。
人によって症状や軽度などは変わってくるので、自分の体調などと相談しながら整えていくのが良いと言えます。

ただ、だいたいのイメージとしては、1日で半分~多くても1個程度で大丈夫です。
知人は便秘になった時は、グレープフルーツを半分にカットしたのを、1日ずつ食べていました。

注意点などはあるのか

当たり前ですが、グレープフルーツにも品質が色々あります。
あまり激安などのより、ある程度しっかりとした品質のグレープフルーツを選ぶようにしましょう。

また、グレープフルーツには相性の悪い薬などもあると言われています。
持病を持っていたり、薬を常用していたりする方は、かかりつけの医師と相談してからグレープフルーツを食べるようにしましょう。

特に風邪薬などはグレープフルーツによって薬の効き目が弱まってしまう事もありますので、注意しましょう。

とはいえ、普段の生活においては特に大きく注意するという事もそうないと言えます。
ローカロリーでもありますから、食べ過ぎず、適度な摂取で便秘解消を目指していきましょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク