昆布/こんぶを食べて便秘解消!
美味しく食べるためのコツやレシピなどをまとめています

昆布は日本人には馴染みの深い食材ですが、健康食品としての優秀さは今でも再発見し続けられている食材です。

昆布は便秘解消にもとても良い食材で、水溶性の食物繊維「アルギン酸」は腸内で水分を包みゼリー状にします。

スポンサードリンク

こんぶに含まれるアルギン酸で便秘改善

昆布を水につけると表面がヌルヌルしますが、そのヌルヌルがアルギン酸です。

便秘の原因に便に水分が不足して腸内の動きが悪くなって便秘を招いていることがありますが、アルギン酸は便に水分を与えてカサを増やすことで蠕動運動を促し便秘解消へ導きます。

コレステロールの除去も期待できるので、コレステロールが要因で引き起こされる高血圧や動脈硬化の予防も期待できます。
機能性の高さに着目して、最近はアルギン酸を配合したダイエット用のサプリメントを見かける事もある程です。

最近よく名前を聞くフコイダンも効果的

また、昆布に含まれる「フコダイン」も水溶性食物繊維で便秘解消に一役買います。

このフコダインは数種類ありますが、その中にはガン細胞のアポトーシス(自殺)を促す効果やアレルギーの抑制効果があるフコダインも発見されており、医薬品としての可能性も期待されています。

その他にも昆布には、ビタミンA、ビタミンB、カリウム、鉄分、カルシウム、ヨード、等のビタミンとミネラル類が豊富です。
イライラ解消や疲労回復、新陳代謝の活性による美肌作りなど、便秘に付随した様々な深い症状の改善にも良さそうです。

ほぼノンカロリーだからこその昆布の食べ方・レシピ

さらにノンカロリーと言っても良い食品ですから、ダイエット中のビタミン・ミネラル不足の予防にも積極的に摂りたい食材です。

昆布には様々な利用法がありますが、夏場だとおやつ代わりに塩コンブなどを摂るのも良いでしょう。
便秘解消の他、汗から奪われる塩分を始めとするミネラルやビタミンの補給ができて熱中症予防にもなります。

その他のレシピでは、便秘解消に良い他の食材と組み合わせる事がお勧めです。
長いもの千切りや納豆と混ぜれば、便秘解消効果が高まります。

昆布は一度にたくさん食べることは難しくても、煮物からサラダまで色々な料理にさっと混ぜる事ができるので、継続して摂るのが良いでしょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク