便秘解消はキノコ(きのこ)で!
実は効果がバッチリなきのこのおすすめの食べ方とそのレシピ

キノコは健康食品として有名です。

スーパーで手軽に手に入るキノコでも、漢方薬局に置いてあるような珍しく高額なキノコのような薬効はないにしても、便秘解消などの生活習慣病の対策には毎日たくさん摂りたい食材です。

スポンサードリンク

カロリーが低く食物繊維とビタミンBが豊富

キノコにはほとんどカロリーがありません。
そのうえ、普段口にするキノコには豊富な食物繊維とビタミンB群を含み、種類によっては癌の予防に良いとされるβグルカンを含むキノコもあります。

食物繊維は不溶性食物繊維が多く含まれていますが、水溶性の食物繊維も含まれているため便秘解消にはとても役立ちます。

便に水分を与え、便の量を増やして腸管を刺激し排便を促す作用があり、コレステロールや老廃物の除去に一役買います。

含有する食物繊維量は、キノコの種類によって違います。
一般的には、乾物の方が食物繊維量が多いようです。

乾物きくらげでは100グラム中に57.4グラムの食物繊維が含まれています。
ごぼう100グラム中の食物繊維量は5.7グラムですから、いかに多く含まれているかがわかるでしょう。

その他の代表的なキノコの100グラム中の食物繊維量は以下のようになっています。

  • エノキダケ3.9グラム
  • エリンギ4.3グラム
  • ブナシメジ3.7グラム
  • 生シイタケ3.5グラム
  • 干しシイタケ41.0グラム

キノコのおすすめの食べ方(レシピ)

便秘解消にキノコが有効なのが納得できると思います。
キノコ類の良い点は、色々な料理と相性が良いと言う事です。
表面の埃を払って、スープや炒め物、パスタ等、カレー、煮物など大抵のメニューに混ぜられます。

どんな食品でも一種類の食品を多量に摂取るするのは難しいものですが、色々なメニューに混ぜることで少しづつたくさん食べる事が可能です。

便秘解消に即効性を求めるよりも、日々なるべく多くのキノコを食べることで無理のない便秘解消と予防を目指しましょう。
キノコだけをたくさん食べる簡単なレシピでは、キノコのホイル焼きやキノコのお味噌汁がお勧めです。

水溶性食物繊維や水溶性の体に良い成分を逃がさないために、煮る場合は煮物や汁物などは汁まで頂くようにしましょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク