ヨーグルトを使って便秘解消!
なぜヨーグルトが良いのか、その効果や簡単レシピをご紹介

ヨーグルトが便秘解消に良いというのは良く聞く話だと思います。

ですが、ヨーグルトがどのように働いて便秘解消に導くのかはご存知でない方もまだまだ多いのではないでしょうか。
どんなヨーグルトでもいいのか、そのメカニズムに迫ってみましょう。

スポンサードリンク

なぜヨーグルトがいいのか

ヨーグルトは牛乳を乳酸菌発酵させることにより作りだされます。
ヨーグルトは乳酸菌の塊のようなものです。
腸内にも乳酸菌はたくさん住んでいて、腸内の働きを整えるために日夜働いています。

肉製品やたんぱく質ばかりとって繊維質をとらないと、腸内の乳酸菌は活発に働けずに悪玉菌と呼ばれる菌が肉製品やたんぱく質の分解に取り掛かります。
悪玉菌が活発になってしまうと、腸内の動きを鈍くさせてガスを溜める等の便秘になりやすい状態になります。

ヨーグルトを毎日摂取すると、腸内の乳酸菌にとっても働きやすい環境を作り出し、
乳酸菌の作りだした酸は腸内の動きを活発化させることにより便秘解消に役立つと言われています。

最近の市販のヨーグルトはどうなの?

最近は「生きて腸まで届く」と言われるヨーグルト製品がたくさん売られていますが、
生きた乳酸菌を接種しなければいけないのでしょうか?

これについては便秘をより良く改善した乳酸菌の型(人間にかかわる乳酸菌だけでも100種類はいます)によるものが多いようです。

加熱したヨーグルトでも整腸作用が認められており、便秘解消につながるので、必ずしも生きていなくても良いようです。
この場合は死滅した乳酸菌が、腸内で他の乳酸菌の栄養になっていると考えられます。

ヨーグルトから摂取した乳酸菌は生きた状態で食べても、その乳酸菌が腸内で増殖しているわけではありません。

元々体内にいないものですから、排出されてしまうのです。
毎日の摂取が重要になってきます。

おすすめのヨーグルトレシピ・食べ方

白砂糖をたくさん加えると腸内の働きが鈍くなりますので、
甘くしたい時にはプルーンなどのドライフルーツなどを加えるのがお勧めです。

プルーンにも便秘解消効果がありますから効果倍増です。
食物繊維の多いシリアルにヨーグルトを加えるのも良いでしょう。

ヨーグルトはフルーツ全般に良く合いますのでとても美味しく食べられますが、
カロリーオーバーにならないように適量を食べるようにして下さい。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク