便秘と一言で表される事がおおいですが、
実は様々な種類がありそれに応じた解消法が必要です

便秘には、種類がいくつもあることをご存知でしょうか。
それぞれの便秘に、それぞれの便秘解消法があります。

あるタイプの便秘には効果があっても、別のタイプの便秘には効果がない便秘解消法も、たくさん存在します。

スポンサードリンク

より効果的な便秘解消に向けて、ご自分の便秘のタイプを知っておくと良いでしょう。

まずは一過性なのか、習慣性のものなのか

便秘の状態が「どのくらい持続しているか」を基準として分類すると、
便秘は「一過性便秘」と「習慣性便秘」の2種類であると言えます。

一過性便秘とは、急性の便秘のことです。
一時的なもので、環境の変化や体調によって引き起こされているので、
その原因となる環境や体調が元に戻れば、便秘も治ることがほとんどです。

習慣性便秘とは、慢性の便秘のことです。
すでに便秘が習慣化してしまっている、あるいは生活習慣により便秘が引き起こされている状態です。

習慣性便秘は、生活習慣やストレスなどによって引き起こされていることが多いです。
便秘解消のためには、生活習慣や生活環境、また心身のバランスを見直すことが必要となります。

便秘が起こる原因によっての種類分け

次に、便秘を「便秘の原因」によって分類してみます。
この場合、「器質性便秘」と「機能性便秘」の2種類に分類されます。

器質性便秘とは、物理的な原因によって引き起こされている便秘です。
消化管に、物理的な障害が起きているために、排便がうまくいかない状態を器質性便秘といいます。

器質性便秘は、消化管になんらかの異常あるいは疾患があることがほとんどです。
ただ、消化管は外からでは見えないので、病院に行って初めて器質性便秘だったと気付く人もいます。

機能性便秘とは、排便機能そのものに障害があるために、引き起こされている便秘です。
機能性便秘の中にもいくつか種類があります。

まず、一過性単純性便秘と呼ばれる急性の便秘があります。
これは、一過性の偏食、水分不足、旅行などによる身体的ストレス、薬の副作用などが原因となります。

慢性の機能性便秘には、腸の運動機能の低下や筋力低下による弛緩性便秘、過敏性大腸症候群や下剤の乱用により腸の自然な運動を妨げる痙攣性便秘、便意を我慢しすぎたり、浣腸を乱用したりして排便の反射が弱くなる直腸性便秘などがあります。

自分の便秘がどういった種類のタイプかを知るのが大切

便秘と言っても、これだけの種類があるのですね。

あなたの便秘は、どのタイプに当てはまりましたか。
自分の便秘のタイプを知り、より適切な方法で便秘解消を目指してください。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク