私たちの体にとって大事な成分!
食物繊維が不足する事で便秘の原因になる事も

便秘の原因の大きなものとして、食生活が欧米化したことにより、食事のバランスが悪くなったということが挙げられます。

具体的には、和食中心の食事の時代には多く摂取されていた「食物繊維」の摂取量が減ったことが大きな要因です。

スポンサードリンク

成人に必要な食物繊維の摂取量は20~25gとされているにもかかわらず、日本人の平均摂取量は17g程度と、必要な摂取量を満たしていないのです。

食物繊維は実はカラダに非常にためになる

食物繊維の、便秘解消に対する作用としては、以下のような効果があることで知られています。

  • 便通を促す
  • 腸内の善玉菌を増やし、整腸作用をする

また、便秘以外にもコレステロールや糖質の吸収を抑え、体外に排出することで糖尿病や生活習慣病の予防にも効果があるとされています。

食物繊維が便秘解消のために作用するのは、大腸まで消化されずに便の材料になるためと、食物繊維に含まれる水分によって、蠕動運動(食物を腸から肛門側へと移動させる運動)が活発になるためです。

食物繊維が不足している人はどうすればいいか

では、食物繊維を多く摂取するようにするには、どうすれば良いのでしょうか。
意外と思われる方もいるかもしれませんが、「生野菜サラダ」は、食物繊維を多く摂取しようとする場合には、適していない料理の一つです。

なぜなら、生野菜サラダでは、野菜に含まれる水分も多いため、ボリュームが出てしまい、あまり多くの量を食べることができません。
結果的に食物繊維も十分に摂取できないのです。

食物繊維を上手に摂取するには、火を通してボリュームを減らした温野菜や煮物、鍋といった形で摂取するのがいいのだそうです。

といっても、毎日食事からしっかりと食物繊維を摂取するのは難しい場合もあると思います。

場合によってはサプリや補助製品の活用も

そんな場合に、足りない食物繊維を補うためのサプリメントも多く存在します。
サプリメントは、薬ではなく栄養補助を目的としており、錠剤タイプから水に溶かして
ジュースのように飲むタイプなど様々です。

食物繊維を摂取しやすい調理方法と、サプリメントをうまく使って便秘解消をして快腸な生活を送っていきましょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク