動く事や運動する事は大事です。
運動不足も実は便秘の原因として関連してくるのです

便秘の原因はいろいろとありますが、運動不足も原因の一つになっています。
実際、寝たきりや入院中の人、妊娠中の人、オフィスワークの社会人など、運動不足になりがちな人は便秘になりやすいという調査結果もあります。

では、運動不足がなぜ便秘の原因になるのでしょうか。

スポンサードリンク

種々の消化器官を通って大腸に運ばれてきた便は、排便時に大腸の筋肉が伸び縮みすることによって行われる蠕動(ぜんどう)運動で肛門まで運ばれます。

この蠕動運動は、腹筋の力が大きく作用するため、体が運動不足だと蠕動運動の力が弱まってしまい、便が腸の中に長くとどまってしまうことで、便秘になってしまうのです。

毎日、額にうっすら汗をかく程度の散歩や適度な運動をすることで、体力や心肺機能を向上させることもできますし、便秘解消や便秘の予防にも役立つのです。

常日頃からカラダを動かす事が大切になってくる

日常生活で手軽にできる便秘解消のための運動やマッサージをいくつかご紹介しましょう。

まずは腹筋を鍛える運動です。仰向けに寝て、ひざを立て、おへそを見るようにします。

無理に起きあがろうとはしなくて大丈夫です。
これを10回~20回程度行うだけで十分に腹筋力を高めることができます。

また、マッサージはトイレに行く前に、座った状態で行うお腹のマッサージが効果的です。
おへそを中心に下腹部あたりまでを円を描きながら軽く押すようになでます。

散歩をして運動不足を解消する場合は、1日30分前後の散歩が効果的です。
散歩をする場合に、家の近所に坂や階段がある場合はこれを利用するのも一つの手です。

平坦な道を散歩するのに比べ、坂や階段では上りと下りで別な筋肉の運動になるため、バランスの良い運動だといえます。
また、坂や階段を下ることで、便を下へ下へと押し下げる効果もあるため、便秘解消の運動としては一石二鳥の効果を持っているといえそうです。

今現在便秘解消のためはもちろん、今は便秘でない人でも予防として、毎日続けられる適度な運動を始めてみてはいかがでしょうか。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク