便秘になった時の主な症状の解説
イライラしてしまったり、吐き気がしてくる事もあります

便秘になると、何かと気分が滅入ったり、イライラしがちになります。

さらに、その便秘に伴い吐き気も症状として出ることがあります。
吐き気が起こる原因は、便の排出がうまくいかないために、ガスが胃に溜まり、消化液がでることによります。

スポンサードリンク

吐き気の中にも人によって症状は様々

この吐き気の症状は、人によっては、いくつかのパターンで起こります。
排便を行う際に吐き気が出てしまったり、便秘をなんとか排出しようとしても、うまく排出できないでいるのと同時に、吐き気も起こってくる場合もあります。

それは大変苦しい不快な症状となります。
しかも、この吐き気は、特に嘔吐するまでに至らず、そのまま悶々と長い時間続くこともありますので、これを経験した人は、非常に不快感を覚えます。

吐き気があることで、脂汗が出て、脱力感や疲労感を体感したりするかもしれません。
こういった症状を何度も繰り返したくはないのが本音でしょう。

普段から解消法を見つけておくのが重要になってきます

ですから、便秘になりやすい人は、まずは便秘解消するように、普段から心がけていなければなりません。
それには、まず基本的に普段の食生活や適度な運動によって改善することが何よりも大切なことです。

食事はただ食べるのではなく、栄養のバランスがすぐれていること。
そして、その中でも食物繊維を意識して、食事を選ぶことも大切です。
また、運動不足の人は、エスカレーターと階段があれば、階段をなるべく利用する等、生活の中で工夫することです。

しかし、これらのことを実行しても、それほど便秘解消の効果を実感できない場合があります。

その場合は、何か他の病気を疑ってみる必要もあるかもしれません。
例えば、大腸や直腸のがん、あるいは、ポリープ、高血圧、乳癌、痔等、いろいろな病気の可能性があります。
安易な判断をしないほうがよいでしょう。

病気がさらに進行することがないように、まずは専門医の診断う受けることをお勧めします。
通常、便秘によって起される吐き気は、便秘解消することで、ひとまず収まるものです。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク