便秘になった時の症状について
お腹が張ったり、ぽっこりお腹になってしまう事も

普段、便通がスムーズであれば、毎日食べる食事も大変おいしく感じますし、体も軽やかに感じて、行動する事ができます。

しかし、少し胃の調子を崩してしまうと、お腹に様々な症状が起こってしまい、食欲不振に陥るばかりでなく、なんとなく気分も優れません。

スポンサードリンク

胃のトラブルのひとつで厄介なのが便秘です。
私たちが食事をしてから排便にいたるまでは、最初に胃に食べたものが行き、次に十二指腸、空腸と回腸、そして結腸、直腸、ついに肛門へと運ばれて、排出されるのが通常です。

しかし、何かの理由で、この流れがうまくいかなくなり便が排出されずに、腸にたまった状態になることがあります。それが便秘です。
便秘になると、とかくお腹にさまざまな違和感が起こってきます。「おなかが張ってくる」のもそのひとつです。

お腹が張るというのは、実質どういう事なのか

おなかが張ると言うのは、腸内に悪玉菌が繁殖している状態で、膨張感があって、ガスを出してもどんどん新たにガスに出てきて止められない状態です。それは、腸内で腐敗発酵をしているからです。

普段から便秘解消に心がけて、こういった状態をなんとか阻止できることが理想でしょう。

便秘になると、便やガスが排出されるものが外に出れない状態になりますから、肛門が塞がれた状態になり、ところが、腸管は、それらを外に出そうとする働きがあります。

こういった排便のメカニズムが正常に働かずに、おなかが張ってきて、腹痛になってしまうのです。

ただし、便秘には「機能性便秘」と「器質性便秘」とがあって種類が異なります。
前者は、一過性のもので、例えば、食物繊維がうまく摂れていない、水分が不足している、急な環境変化等の原因で起こってくるものです。

慢性化させない事が重要にも

人によっては、慢性化してしまうこともあります。
後者は、腸に腫瘍や炎症ができて、塞がってしまった状態で、便を排出させようとしても、腸の通りが狭くなっていて、うまく排出ができなくて便秘になることも考えられます。

こうならないためにも、便秘がちな人は、便秘解消を真剣に考えて、それを実行するようにすることが大切です。

便秘解消法は、今さまざまな方法がありますので、ネット等でもそれらの方法を調べ、参考にしてみるのもいいでしょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク