便秘になるのが、病気が原因であったり、怪我をした事が原因で起こる場合もあるのです

便秘を解消するためには便秘の原因を知る必要があります。
便秘の中には、病気や疾患がもとで起こる便秘があり、器質性(症候性)便秘と言います。

では、どのような病気が原因で便秘が起こるのでしょうか。

スポンサードリンク

急性便秘では、

  • 大腸ガン、大腸ポリープなどの大腸の病気
  • 急性胃拡張、ぴらん性胃炎などの胃の病気
  • 急性腹膜炎や膵臓の急性炎症などの腹部の病気
  • 急性の心臓の病気、急性の感染症などその他の病気

などが挙げられます。

慢性便秘では、

  • 大腸ガン、大腸ポリープなどの大腸の病気
  • 子宮筋腫など、腸の周囲の臓器の腫瘍などによる圧迫
  • 潰瘍性大腸炎、クローン病などの潰瘍性の病気

などが挙げられます。

これらの例からもわかるように、便秘は特に腹部を中心とした病気の兆候ととらえることができるのです。

つまり、こうした病気が原因の便秘の場合には、便秘の元となる病気の治療からアプローチをしていかないと便秘の解消には至らないわけです。

たとえば、腸内の悪玉菌が増加して腸の働きが低下する病気が起こり、それによって便秘が起きている場合
には、元となっている悪玉菌の増加を抑えない限りは腸の働きが元に戻らないため、便秘が解消しないのです。

直接原因にならなくても、間接原因になる事も

また、病気や怪我が直接便秘の原因にならなくとも、病気や怪我がもとで入院などした場合、運動不足や自律神経のバランスの崩れによって、便秘が起こってしまうこともあります。

このような場合の便秘解消にはやはり無理のない程度の運動が効果的です。
以上のように、身体が病気で弱っているときにこそ、便秘はなりやすいということを覚えておきましょう。

何かが原因で便秘になる事も、便秘が原因で何かになる事もある

一方で、便秘は「万病の元」と言われるように、反対に便秘が原因で病気になるという例もあります。

便秘になり、便が長時間腸内に滞留すると、食物の腐敗化したたんぱく質などの毒素が

血液を通して体内に流れることで、体調不良や病気としてあらわれるのです。
具体的には、大腸ガンや大腸粘膜の一部が腸管内圧の上昇によって腸壁外に突出してしまう憩室症などがあります。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク