赤ちゃんの便秘はおならをする事と関係性があったり原因になるの?

よくおならをする赤ちゃんをお持ちのお母さんはいらっしゃいませんか?

おならが出るということは、腸が活発に活動しているということです。
ですから、出ること自体は大変良いことなのですが、回数が多い場合には便秘に気を付ける必要があります。

スポンサードリンク

赤ちゃんはたくさん空気を飲む

実は、赤ちゃんというのは、授乳の際にたくさんの空気を飲み込んでしまいます。
そして、体内に入った空気はおならとなって外に出ていきます。

おならの中には、悪玉のガスも含まれているので、そういった意味ではどんどん出した方が良いのです。

しかし、赤ちゃんのおならというのは、私たち大人と比べても、より水分を多く含んでいるので、どんどん出すとそれだけ腸内の水分が失われるという事にも繋がるのです。

そのため、腸内の水分が少なくなってしまうという事は、便が固くなりやすく、排出しにくくなるという事にも繋がりやすくなってしまいます。

そして、これが便秘へと繋がっていきます。

そもそも、便だけじゃなくガスも溜まりやすい

便秘の赤ちゃんは、便だけでなく、お腹の中にガスも溜まっていることが多いです。

多く溜まっている場合ですと、お腹を軽く押してみるだけですぐに分かりますし、見ただけでもわかるといった場合もあるかもしれません。

自分でガスを出せている状態ならまだ良いのですが、あまりにも溜まってしまうと、自分では出しきれなくなってしまうのです。

また、あまりにお腹が張ってしまうと、赤ちゃんは機嫌が悪くなったり、不快感などから泣き出したりもします。

そこまでの状態になってしまうと可哀想ですから、ガスが溜まっているようなら、マッサージなどで出してあげるようにしましょう。

それでも機嫌が良くならない場合には、早めに小児科に行って、医師の診察を受けましょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク