砂糖水を飲ませる事で解消させよう~赤ちゃん便秘の解消法~

便秘になった赤ちゃんには、砂糖水を飲ませると良い。という事を聞いた事があるかもしれません。

実際、昔からこのように言われているようですが、果たして、これは本当なのかを少し調べてみました。

スポンサードリンク

そもそも、砂糖には、便を軟らかくする性質があります。
そして、水分は便秘解消に欠かせないものです。

ですから、赤ちゃんの便が出やすくなるように砂糖水を飲ませるということには、科学的な根拠があります。

砂糖は薬などではなく安全だから赤ちゃんにも適している

砂糖は科学的に合成された薬ではありません。
ですから、口に入れても安全なものだと言うのも、赤ちゃんに適している理由の一つです。

当然、過剰に摂取しすぎると、色々問題にはなりますが、適度に摂取するのは誰もが行う事でもありあますし、安全性に関して言えば、薬や化学的な何かよりも安心感が遥かに高いです。

そのため、砂糖であれば、お母さんも安心して与えることが出来ますよね。

具体的な砂糖水の作り方と飲ませ方

では、砂糖水で便秘を解消する具体的な方法について見ていきましょう。
生まれてから1ヵ月ないし2ヵ月程の赤ちゃんの場合には、10パーセントの濃度の砂糖水を飲ませます。

作り方は、6gの砂糖を哺乳瓶に入れ、60mlの目盛りまで湯ざましを加えます。
そして、よく振って混ぜれば出来上がりです。

6g入りのコーヒー用スティックシュガーを使えば、砂糖を測らなくても良いので簡単ですね。
甘みがあるので、赤ちゃんも嫌がらずに飲んでくれるでしょう。

出来上がった砂糖水は、1日に1回だけ飲ませます。
なかなか便秘が解消しないからと言って、たくさん与えてはいけませんので、注意しましょう。

便秘解消のためとはいえ、1日に何回も砂糖水を飲んでいたら、血糖値が上がって体調を崩してしまいます。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク