有名だけれど間違ったやり方は要注意?
便秘解消はコーヒー&カフェインで!その正しい飲み方

食後にコーヒーは欠かせない!なんて方には嬉しい情報かもしれません。

コーヒーを1日に2杯以上飲むと、トイレに行く回数が増えて、便秘解消に繋がるという事を耳にした事はありませんか?
こうした噂は、あながち嘘ではありません。

スポンサードリンク

珈琲のカフェインが実は強い味方

コーヒーの主成分はカフェインと呼ばれています。
このカフェインは、腸の収縮を促進する神経を刺激する作用を持っています。

その結果、腸の運動を促して、便が出やすい状態になると言われています。
便秘解消効果だけでなく、利尿効果にも優れているので、トイレに行く回数が増えるというのも、納得できる事でしょう。

その効果は下剤とも呼ばれるほどです。
その為、普段あまりコーヒーを飲まない方が飲むと、腸の動きを急激に活性化させる事となります。
その結果、急性の便秘の改善に効果的とも言われています。

カフェインには、アデノシンという神経伝達物質の妨害を行う働きもあります。
このアデノシンという神経伝達物質は、眠気を誘発させるものです。

これをカフェインが妨害するので、眠気を覚ます効果もあります。
また、アデノシンは膀胱壁の収縮や内尿道口の開閉にも関わる、膀胱括約筋と呼ばれる筋肉の作用を抑制する作用も持っています。

その為、カフェインを摂取すると排便を抑制するアデノシンを取り除く事ができるので、こうした面からも、コーヒーは便秘解消に効果的な飲み物とされているのです。

改善のためのおすすめの飲み方

特に便秘で悩んでいるという方は、朝食時にコーヒーを飲むように心がけましょう。
こうした習慣によって、朝から腸の働きを活性化させる事ができます。

朝に排便する事は、健康面から見てもとても良い事です。
出来るだけ、そのリズムを崩さないようにしましょう。

なお、自然なリズムで排便が行えているという方は、カフェインに注意しなければいけません。

何故なら、あまりにも強いその作用から、腸の自然なリズムを崩してしまう可能性があるからです。
自然なリズムが崩れてしまうと、当然便秘になってしまいます。

また、タンニンと呼ばれるコーヒーに含まれる成分は過剰摂取すると便秘の原因になるとされています。
あまり飲みすぎてしまわないよう、注意して下さい。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク