健康にも良い影響を与えてくれるかも?
朝にコップ一杯の牛乳で便秘解消を促しましょう

私たちに非常になじみ深い飲み物の1つでもあるのが、牛乳です。
朝、コップ1杯の牛乳を飲むという人もいるかもしれませんが、実はこれが便秘解消に繋がるとも言われています。

何故、朝に飲むと効果的なのでしょうか。それを解説したいと思います。

スポンサードリンク

寝起きのすぐに飲むのが良い

朝といっても、朝起きてしばらくしてからでは意味がありません。
朝一番に、コップ1杯の牛乳を飲んで下さい。

すると、それまで休んでいた胃が驚いて、腸に刺激を与えます。
こうしてトイレに行きたくなる現象は、胃結腸反射と呼ばれています。

この胃結腸反射は、便秘解消に有効であると言われていますので、毎日の習慣として行うようにすると良いでしょう。

この際、できるだけ冷やした状態のものを飲むという事も大切です。
冷たければ冷たいほど、さらに強い胃結腸反射を引き出します。

つまり、腸により強い刺激を与える事ができるという事です。
あまりにも冷やしすぎると、冬場は大変かもしれませんので、適度に冷やした状態のものを飲むようにして下さい。

牛乳には様々な効果を促すものがある

牛乳には腸を元気にする働きもあります。
牛乳に含まれているオリゴ糖は、善玉菌の大好物であり、絶好のエサとなります。

オリゴ糖を摂取した善玉菌は、さらに善玉菌を増やしていきます。
つまり、腸の中で善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれるのです。
腸内環境が整えられれば、便秘が解消できるだけでなく、便秘の予防にもなります。

オリゴ糖以外にも、キチンやラクトフェリンといった成分が便秘には効果を現します。
キチンは、食物繊維の一種です。

便秘とは、必要な水分が吸収されすぎてしまい、腸における便の進みが遅くなっている状態です。
この便の進むスピードを上げる事ができる成分こそが、キチンなのです。

また、糖たんぱく質であるラクトフェリンは、腸内の悪玉菌を抑える働きを持っています。
悪玉菌を抑えるだけでなく、善玉菌を増やす作用もあるので、腸内環境を整えるにはとても有効な成分です。

こうした成分から、便秘解消に牛乳は効果的な飲み物と言われているのです。
まずは、朝一番にコップ1杯摂取する事から、始めてみてはどうでしょうか。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク