ハーブなどでよく使われる成分。
神経性の便秘解消法にカモミールを使ってみよう

便秘で悩んでいる方は多いでしょうし、健康的に解決させたいと考えている人が最近増えています。

便秘の原因は食物繊維の摂取量が少ないとか運動不足など原因ですが、最近はストレスによっておこる便秘が増加している傾向にあります。

スポンサードリンク

けれどもあまり便秘薬には頼りたくない人や妊娠中の人も多く、日本でも、最近はハーブティーがとても人気です。

ハーブは香りを楽しむというだけではなく、ヨーロッパなどでは、民間薬という点でも十分に活用されてきました。
その効果としてストレス解消やリラックス効果があると言われています。

クレオパトラも愛用していたと言われるカモミール

中でもカモミールは、あのエジプトの美女、クレオパトラも、愛用していたと言い伝えられています。

学名「マトリカリア」、子宮という意味の「マトリックス」からつけられたということからも、不眠、生理中のイライラや痛みに、婦人科系のトラブルにも古くから利用されてきました。

又、アロマテレピーで用いられる精油も作られています。

便秘などに効果があると言われるのはなぜか

カモミールが、便秘解消に効果があるとされているのは、胃を健康にする作用、炎症を抑える作用などがあり、特に神経性の便秘に効果があるとされています。

また、食べ過ぎ、腹痛などに、民間薬として使われてきました。
空腹時にカモミールティーを飲むと、胃腸の壁に成分が直接働きかけるので、けいれんや炎症を、和らげることができ効果的です。

入浴剤としての利用もおすすめ

さらに、入浴剤としても使用すると、温浴効果が高まります。
おなか全体を時計回りにマッサージするとよいでしょう。

お腹だけではなく、みぞおちや腰のまわりもおこなうといいです。
又、アロマオイルを湯に落とし、タオルを絞った温湿布でお腹を温める事で、緊張が和らぎ、滞っていた消化器の機能が動き出します。

リンゴのようなフルーティな香りは多くの人に受け入れられやすく、そのリラックスする効果で、便秘の大敵のストレスを解消させてくれるので、眠る前にも用いるハーブです。

便秘解消法を目的としてカモミールを用いる場合、花の部分を使ってお茶として飲むことです。

花の部分を使いお湯を注いだお茶も良いですし、最近は手軽なティーバッグも市販されているので、それを活用しても良いと思います。

便秘解消の為には、食物繊維の多い食事を心がけ、早寝、早起きをして規則正しい生活を過ごし、朝トイレに行く習慣をつける。 又、適度な運動も必要ですね。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク