女性なら一度は考える人も多いかもしれません
便秘で悩んだ時は、ぜひヨガで解消を目指してみよう

便秘でお悩みの女性は本当に多いです。
基本的にはだいたい3日間くらいでないと便秘、もしくは毎日出ていても、出る量や、便の状態にもよりますので一概には言えません。

便秘の症状は特にお肌にも現れてきますし、腹痛や、頭痛などもあります。

スポンサードリンク

では便秘解消をするにはいったいどうしたら?そんな疑問が沸いてきます。

食べ物やサプリメントでの解消など、もちろん便秘薬に頼る方法もあります。
しかし便秘薬は癖になると、効果が薄くなってしまいがちです。体や腸が慣れてしまいます。

体操、特にヨガを取り入れるのも人気でおすすめ

そこで取り入れたいのが、体操で便秘解消をしようという方法です。
いきなり体操と聞くと、めんどうくさい、きつい、そんなマイナスのイメージが浮かんできます。

でもそれがヨガ体操だと聞くと、そうでもないと思いませんか?
ヨガと言えば皆さんどんなイメージですか?腹式呼吸が大事ですが、ゆっくりなイメージ。

息をお腹からゆっくり吐きながら体を動かして、また息を吸って、ゆっくりと吐きながら戻る。
そのイメージでいいのです。きついことはしません。リラックスしながらを心がける。

ヨガなら高齢者も負担なくできる

ヨガは高齢者にもおすすめです。手や腕の動きだけならあまり負担にもなりません。
それはやはりゆっくりとやるからです。決して本人の負担にならないようにします。

リラックス効果のある音楽などを流しながらするといいですね。

便秘解消ですが、解消法をまずいろいろやってみるよりも大事なのが腹式呼吸です。
いつも何気なくしている呼吸法では胸が盛り上がったり、下がったりします。

そうではなくて、息を吸ったらお腹が膨らみ、吐くとお腹がへっこむのが腹式呼吸です。
皆さんお腹に手を当て、意識してお腹を膨らますように吸って、そしてへこますように吐く。

実は腹式呼吸を意識してやるだけでも、全然違うのです。
お腹が動くということは、内臓も動きますから腸への影響も出ます。

お風呂上りのちょっとリラックスした時間、そんな時に2,3分からでも始めてみましょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク