主な便秘の症状の解説
胃の痛みが出てきたり、胃腸のトラブルに繋がる可能性も

胃は大変デリケートな臓器です。
ちょっとした心配事があったり、緊張したりするとすぐに反応を起して、胃が痛くなったり、違和感を覚えたりするようになっています。

もちろん、食べすぎや飲みすぎによっても、胃のトラブルが起きます。

スポンサードリンク

それによって、便秘も生じることがあります。
症状として、胃が痛んだり、胸焼けやげっぷ、むかつき、もたれ、食欲不振等、さまざまなものがあります。
これらは便秘と一緒に起こることもあります。

胃腸を労る事が大切

食べ物は、胃を通って腸へと送られてゆきますが、この際に、胃腸にトラブルが生じると、その機能がうまく働かなくなります。
ですから、まず胃腸を労わることで、便秘解消に導かれます。

胃腸の養生法として、過労やストレスの原因になることを避けるようにして、睡眠や休養を十分取り、時々気分を転換させるように何か楽しいことを見つけるようにしましょう。

人間は、時に心を開放できる逃げ場が必要です。
忙しい毎日に自分の心を休める場がないことは、心身共に大変な悪循環となり、何か深刻な病気になりかねない可能性も生じます。

便秘解消に最も大切なことは、食生活を正しく整えることです。
食物繊維の多い食品を選び、よく調理して、ゆっくりとゆったりと食べるように心がけましょう。
また、脂肪分の多い食品は避けるようにしましょう。

胃のためにも刺激のあるものをなるべく避ける

胃を刺激しがちなアルコール類や甘いものは避けるようにしましょう。
肉類は鶏肉を、そして、魚は白身魚をよく調理するようにします。
ご飯は、なるべく柔らかい消化のよい方法で炊くようにします。

また、過去に胃のトラブルが起きた時に、どんな食べ物を食べてそうなったか、あるいは、どんな時に起きたかも改善するための方法を見つけきっかけとなるかもしれません。

便秘が解消するのは、日々のこうしたちょっとした心がけから改善してゆきます。

胃のトラブルが起こらないように注意していれば、便秘も解消して、いつも気分爽快に暮らすことができるでしょう。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク