適度にストレスは発散させよう!
便秘になる原因は精神的ストレスの場合も

現代人は、「ストレス社会」と呼ばれるように、管理社会や競争社会など様々なストレスを抱えて普段から生活を送っていると言えます。

そうした背景からか、最近では肉体的・精神的ストレスが原因となるストレス性の便秘も多くあるのです。

特に最近増えているのが、過敏性腸症候群というストレス性の便通異常で、便秘や下痢、そしてひどい場合には便秘と下痢を繰り返すという症状を引き起こすのです。

スポンサードリンク

なぜストレスと便秘が結びつくのか

では、ストレスがなぜ便秘と関わっていくのでしょうか。
腸は「考える臓器」や「第2の脳」などと表現されるように、脳と非常に関係しています。

脳で受けた情報は、自律神経を通じて腸の粘膜にある神経細胞にすべて伝達される仕組みになっており、脳で感じたストレスは、ダイレクトに腸に届いてしまうのです。

また、ストレスは他の形でも便秘に影響していると考えられています。
ストレスを感じると脳から自律神経の交感神経に伝わり、アドレナリンというホルモンが分泌され、身体を活性化します。

便がつくられるのは、体が休息状態のときの為、体が活性化している状態では便は作られません。
つまり、身体の緊張状態が続くと、便が作られない状態が続いてしまうのです。

さらには、緊張状態が長く続くことで他のホルモンの分泌が滞り、これによって自律神経のバランスが崩れてしまいます。
このことも便秘の原因となります。

ストレス性が原因ならストレスを溜めないが鉄則

ストレス性の便秘に効果的な便秘解消法は、もちろん「ストレスをためない」ことですが、これがなかなか難しいものですよね。

特に真面目な人や几帳面な人が周りの人以上にストレスをためやすい傾向にあるといいます。

便秘解消のためにも、ストレスをためないコツは、「考えすぎない」ことでしょう。
もちろん、言うは易く行うは難しなのでしょうが、深く悩み考えたところで状況は変わらない場合が多いでしょう。

また、リラックスして余計な力を抜いて物事を考えた方がいいアイデアや解決策が浮かんでくるものです。

ストレス性の便通異常に心当たりがある人は、便秘解消のためにも「考えすぎない」ようにしてみてはいかがでしょうか。

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク